在宅医療機器をレンタル提供している企業様の管理業務、管理コストを軽減

navi in flowとは

「navi in flow ~在宅医療機器管理システム~」は、
在宅医療機器のメーカー様、ディーラー様向けの管理システムです。
このシステムでは、今まで紙、Excel、FileMaker等で分散していた
患者、機器、病院、請求、点検といった情報を統合的に管理できます。
特に患者、機器のトレーサビリティ、請求業務の自動化により業務効率が大幅に上がります。

在宅患者様が使用する医療機器の管理に
お困りではありませんか?

ソフトウェアの機能と特徴

  • Excelやファイルメーカー等で患者、機器を管理していたが、担当者毎に情報が共有されず、限界を感じている。

    患者様が使用されている機器が一目瞭然。また、過去の使用履歴や、処方も共有可能。

  • 病院様への請求確認から、実際の請求までのスパンが短く、月末の業務が大変。

    確認書の一括発行、請求書の一括発行が可能。

  • 単価の決め方が病院様毎に色々なパターンがあり、ベテランでも難しくなってきた。

    日割、週割、月割、丸め、上限単価等、多彩な設定を組み合わせて、請求書に反映可能。当月のみのイレギュラーケースにも
    対応し、柔軟に請求業務に対応できる。

  • ボンベ等の配送管理に時間を取られてしまう。

    毎週の配送設定の自動化。当日の受注簿や配送票の一括印刷が可能であり、業務負荷が軽減される。また配送担当、患者担当、
    受付担当に配送情報が共有化される。

  • 機器の在庫や請求・稼働状況が一元的に分からない。

    見えていなかった稼働状況を把握する事による無駄の削除と、機器稼働率の向上。

  • 機器の使用履歴や修理履歴を追跡するのに時間がかかる。

    機器履歴の一元管理によるトレーサビリティの向上。

  • 夜間・休日時の対応に患者様の詳細な情報が分からない。

    社外からの患者データ閲覧や、コールセンターとのデータ連携※1 による患者サービスの向上。

    ※1 複数の実績がございます。

日本全国にシステム導入実績があります

当システムを最初にご導入いただいた会社様は、10年以上お使いいただいており、有り難いことに、
ご使用の会社様からのご紹介で輪が広がり、現在は、北は北海道、南は九州までと全国の在宅医療機器メーカー様、ディーラー様にて運用実績を持つソフトウェアです。
そのため、地域ごとの独自性についてもノウハウがございます。

熟練スタッフによる
安心の支援体制
ご提案から導入後の安心サポートまで、
ワンストップでご支援

  • ワンストップサービス

    システムのご提案から導入サービス、保守サービスまでを一貫して行える体制により、お客様の状況や環境を熟知し、課題解決に対応します。

  • 導入後も充実のサポート体制

    パッケージソフト開発エンジニアが、日々のお客様のお問い合わせに対応。充実した業務知識、技術により、お客様の日常業務を全力でサポートいたします。

  • 安心の遠隔地サポート

    当社は大阪1拠点ですが、遠隔地においても対面で操作説明会を実施。また、以後もお客様をできる限りサポートできるよう、遠隔操作ソフトウェアによる操作説明を行っております。