システム開発で
こんなお困りごとはありませんか?

ご相談前やご依頼 のとき

  • 掛かる費用感が分からない
  • 同じ目線で話しを聞いてもらえない
  • 話がなかなか進まない
  • 「業界が特殊だから」とあきらめている

ご相談前やご依頼 のとき

  • 途中での仕様変更のたび別料金になる
  • 進捗がわからない
  • 伝言ゲームになって話しが伝わりにくい
  • 開発中の法律や業態変化に対応してくれるか不安

ご相談前やご依頼 のとき

  • 出来上がったシステムで、業務が回るか不安
  • ちょっとした変更にも別料金がかかる
  • 運用中の想定外にも柔軟に対応してほしい

100%受託開発にこだわり、
貫いてきたプロ集団
サイアスなら解決できます。

最初のヒアリングから設計・開発、
そして実施・運用まで
経験豊富なエンジニアが一貫して担当

弊社は、20年以上、業界、業種問わず、お客様のニーズと向き合い受託開発~運用までサポートさせていただいたノウハウを活かし、 複雑な業務をシステム化することを得意としております。
業務の受託開発というサービスの特性上、お客様との信頼関係が非常に重要です。
お客様にいかに早く、弊社エンジニアを認めてもらい、信頼をいただけるレベルになるか、
そのための弊社のお約束を下記にあげさせていただきます。

開発ポリシー

  • アイディア段階での
    エンジニアへの相談OK

    一般的な受託開発を行う会社は、営業とエンジニアで分業されることが大半のケースと存じますが、弊社では実際開発に携わるエンジニアが相談の段階からお話させていただくことで、お客様のニーズをしっかり捉え、スピーディに案件を進めてまいります。

  • お客様目線での
    綿密なコミュニケーション

    エンジニアといえば、ITの専門家を思い浮かべる方が多いと思いますが、あくまでも主役は最終的な使い手のお客様です。
    システムという目に見えないものを具体化させるため、お客様が分からない専門用語をなるべく使用せず、その進捗にご不安をいただかせないよう適宜コミュニケーションに努めています。

  • エンジニアによる
    現場確認と業務理解

    業界が変われば常識が変わり、開発側もお客様の”当然”に付いていきリードをしていかなければなりません。そのため、受注段階でエンジニアが現場の確認をさせていただくことで、より理解を深めていきます。20年以上、業界を理解し、受託開発してきた実績のあるエンジニア集団がフットワーク軽く対応いたしますので、ご安心ください。

  • お客様環境に応じた
    技術選択

    お客様の求めるご要件に応じて、技術を選択させていただいております。Webを得意としてはおりますが、入力性や即時性がいるような業務では、Windows Formを選択する場合もあり、柔軟に対応しております。
    また、ハード面においても、オンプレミス(自社内管理) or クラウド(データセンター管理)等の選択にもご相談に乗らせていただきます。

  • 安定稼働まで
    しっかりサポート

    システム納品がゴールではありません。そこからはお客様の本番です。
    サイアスではシステムが安定稼働するまで、丁寧にサポート。初期運用時に起こる業務イレギュラー等のご相談にも柔軟、かつスピーディーに対応しております。

  • フットワーク軽く
    素早い現場判断

    サイアスでは熟練のプロエンジニアに対して、現場判断の裁量が大きく割り当てられているため、お客様のご要望や、発生した問題に対して、素早い対処が可能です。